お知らせ

 

 <ここは棚倉町教育委員会のホームページです>

  『キャリア教育の町たなぐら       ※文責 : 棚倉町教育委員会教育長

 【令和2年度の<新>棚倉町の教育ビジョン】です。 

        夢をつなぎよりよく生きようとする子どもの育成 

    ⇒<Society5.0を生き抜く力(基礎的汎用的能力)を育てるキャリア教育

 <各学校の運営ビジョン>

 ○ 棚倉小「なりたい自分になるために」 

 ○ 社川小「今の自分からなりたい自分へ

 ○ 高野小「一人一人がよりよく生きるために

 ○ 近津小「将来に向けて自立できるために

 ○ 山岡小「知恵・勇気・表現力(未来へのプロジェクト)

 ○ 棚倉中「一人一人が夢を持ちチャレンジを応援するために

そして アプローチカリキュラムとしての町幼稚園経営改革ビジョン

           遊びを通して学びの基礎力を育むキャリア教育」(

 ○ 棚倉幼「学びの基礎力を培うために

 ○ 社川幼「子どもの育ちと学びを未来につなぐために

     「根っこづくりプラン1」 「根っこづくりプラン2」

 ○ 高野幼「自己肯定感を高め、自主性を育むために

 ○ 近津幼「自己肯定感、基礎的汎用的能力の育成のために

 

 【令和元年度 各学校1年間の実践報告】

    ※それぞれクリックしてみてください。

   棚倉小 ◇社川小 ◇高野小 ◇近津小 ◇山岡小 ◇棚倉中 

  ◎ 全国学テから見た【キャリア教育と学力向上】

   ※ 平成24は助走、25年からキャリア教育は本格的にスタート

     ◇一目で分かる キャリア教育の成果

     ◇キャリア能力の高まりが 学力を向上 させる!

 

 令和元年度の 「棚倉町のキャリア教育」ビジョン   

    夢をつなぎ、よりよく生きようとする子どもの育成

         ※ その リーフレット  ➡ 「文部科学大臣表彰」(H30.1)

 ◎ 本町のキャリア教育の考え

     基礎的・汎用的能力を育む教育課程

        ➡ 県教育センター 小・中キャリア教育実践講座で講義した内容です。

   (内容) ※過去7年間の実践の中から導き出してきたこと

            I    なぜキャリア教育が必要なのか?       II  キャリア教育の学校での課題
    III  キャリア教育の考え方            IV  キャリア教育の実際
    V   キャリア教育(基礎的・汎用的能力)と学力    VI  成果と課題

 ◇ 令和元年度の取組 ➡ テーマ 「意識改革」

  〇   第1弾 「キャリア教育の充実」 ➡ キャリア教育の視点で教育を見る!

   ⇒ キャリア教育の日 8月10日(土) シンポジウムポスター  

    (午前) 学校公開        4

    (午後) シンポジウム   ワールドカフェ

   ⇒ 棚倉小を研究の指定校に  12月18日(水)研究公開  全体指導:筑波大学教授 藤田晃之先生

     〇   第2弾 「特別支援教育研修講座NO1」➡ 特別支援における学力向上とは!

   ⇒6月28日(金) 霧島市立国分南小学校大江浩光教諭の講演 

        ⇒9月27日(金) 幼少特別支援研修会(切れ目のない特別支援)

   〇   第3弾 「地域と学校の連携」➡ 学校と地域社会の協働へ

   ⇒ チャレキッズ(小5,6年生の職場体験)の実施

     →「地域産業が児童を支援⇔児童が地域産業を知る」

    (様子)       7   

   ⇒ 運営協議会の設置と活用 → 近津小学校の例

   ⇒ 総学等でまちづくりに参画 → 高野小の例(総合学習の意識改革として)

   ⇒ 地域連携コーディネーターの配置と活用 → 2学期予定

   ⇒ 人材バンクの充実と活用 → 社会教育としての土曜授業の実施(2学期)     

  〇   第4弾 「アクティブ・ラーニング」の場の設定

   ⇒ 「児童の、児童による、児童のための」宿泊学習に

     → 11月21日~22日にルネサンス棚倉(一泊二日)

   ⇒ 「生徒の、生徒による、生徒のための」文化祭(棚倉中)               

   ⇒ 「児童生徒の、児童生徒による、児童生徒のための」特別活動及び総学

  〇   第5弾 「総合的な学習の時間研修会」 ➡ これから求められる資質・能力を育む総合的な学習の時間

   ⇒2月18日(火) 山形大学学術研究院(地域教育文化学部担当)野口 徹 教授の講演

     〇   第6弾 ➡ 特別支援だめ押し弾 「特別支援教育研修講座NO2」

    ➡「みんなが輝ける特別支援教育」 ~学校でも家庭でも結果が残せる多様な指導法 

   ⇒2月15日(土) 霧島市立国分南小学校 大江浩光教諭の講義・演習

        ⇒2月14日(金) 棚倉小に於いて:実践研修:大江教諭の特別支援及び道徳特別授業

  〇 第7弾 ➡ 校長・教頭・園長の意識改革  棚倉町校長園長教頭研修会

   ⇒1月31日(金) 筑波大学助教 京免徹雄先生の講演 

     「Society5.0を生き抜く力」をキャリア教育でどう育てるか?

     ~棚倉町の取組に継続と発展に向けて~          

  

    【平成30年度学校経営代表報告(キャリア教育の推進)】

   □ 棚倉中学校

      □ 社川小学校   

   ◇ 山岡小学校 (小規模校)

           

<棚倉町キャリア教育の歴史>

 1 本町のキャリア教育推進過程

   (1) 平成25年町広報誌4月号から見る初期のキャリア教育の取組

   (2) 平成30年町広報誌4月号から見る新のキャリア教育の取組  (H29 文部科学大臣表彰)

   (3) 高野小学校の挑戦(実践記録) 平成25年~27年

   (4) 社川小学校の挑戦(実践記録) 平成27年度

   (5) 山岡小学校の挑戦(実践記録) 平成27年

   (6) 近津小学校の挑戦(実践記録) 平成28年度 及び 29年度

   (7) 平成30年度の経営、授業改革の実際   高野幼・小学校

 2 学校教育改革プラン  

  ◎ H30年度 テーマ 「夢をつなぎ、よりよく生きようとする子どもの育成

                        ~保幼小中の発達段階に応じたキャリア教育の推進   

     ◎ 棚倉町の キャリア教育を基盤とした学校づくり

    (内容)    Ⅰ キャリア教育がなぜ必要か      Ⅱ キャリア教育の学校での課題  

             Ⅲ キャリア教育の考え方         Ⅳ 棚倉町のキャリア教育

             Ⅴ 学校・幼稚園の取り組み        Ⅵ キャリア教育と学力向上

 3 教育委員会がコーディネートするとは  (学校教育改革プランの具体)

   (1) 学校教育【全ての教育活動で 基礎的・汎用的能力 を育成】

     ① 小中学校の経営・運営改革

     〇 棚倉小 〇 社川小 〇 高野幼・小  と  ポンチ絵 〇 近津小  と   キャリア推進計画 

     〇 山岡小 〇 棚倉中

       ※ 共通実践行事「セカンドスクール」(小学5年生が自然の家に3泊4日宿泊)

    ② 幼稚園の経営・運営改革 〇 町の基本計画

     〇 棚倉幼 〇 社川幼根っこ1根っこ2 〇 近津幼 

    ③ 保育園の経営・運営改革

     ○ 園の基本計画 〇 棚倉保育園紹介 と 東北大会研究発表テーマ等

    ④ 教育委員会の支援

     〇 キャリア教育シンポジウム → キャリア教育の日(午前:学校公開、午後:シンポジウム)

       ・第3回  平成30年8月18日(土

       ・第2回  平成29年8月19日(土)   ・第1回 平成28年8月18日(木)

     〇 キャリア教育推進事業 ⇒ ルネサンス棚倉一泊「6年生宿泊学習」

                 ・ 平成30年度「活動しおり」

     〇 小学校職場体験 「チャレキッズin棚倉」 今年度の表紙と5年要項 及び  6年要項

            ・ 子どもたちの様子 【H27 フォトギャラリー】

       ・ 協力企業との意見交換会(成果と課題の確認) 

         ① 講師 交換会1       ② 企業発表 交換会2  

         ③ 企業発表 交換会3    ④ アンケート調査発表 交換会4

     〇 保幼連携教育研修会「ハイブリット保育」

       ・ 鹿児島県つるみね保育園長による 保育実践 と 保幼研修会 と 新聞記事

       ・同志社女子大学教授による  砂の遊びとアート」研修会 

          ○ NPO法人福島SANDO-STORY主催、町、教育委員会共催

      ・ 福島”砂”シンポジウムin棚倉     

   (2) 地域資源の活用 【地域とともにある学校】  
    ① コミュニティースクールと学校支援地域本部等の設置(本年度4校)

     ○ 近津小組織図  活動計画
    ② 
その他関係機関との連携

   (3) 社会教育資源の活用 【社会総がかり支援】

    ① 町長部局    〇 地域創生   〇 産業振興   〇 健康福祉 課  など

    ② 企業・商工団体等

      〇 小学校チャレキッズin棚倉への支援  〇 中学校「職場体験学習」への支援

      〇 7月6日~8日 町商工会「蛍観賞会」 と 「

    ③ 高校・大学等との連携  ○ 冬季「オープンスクール支援  ○ 秋季「大学生によるホームステイ

    ④ 消防署、警察署等との連携 

    ⑤ その他、他機関との連携

 4  先を行く、学校でのICT活用の推進

   「キャリア教育による、基礎的・汎用的能力を高めるICTの効果的な活用

  (1) Research → 調査・実態把握   (2) Vision → 目標   (3) Plan → 実践計画     

    (4) Do → 実践   (5)  Check  → 評価   (6)  Action → 改善

 

<昨年度の実施行事について> ⇒ 「こんなことやりましたよ」

 子ども教育課

  〇 7月27日 「砂遊びとアート」保・幼・小・中合同研修会

   〇 7月31日~8月4日 「チャレキッズin棚倉」    5年生   6年

   〇 8月18日 「キャリア教育シンポジウム」 (未来を拓いてゆく子どもを育てよう)

   ○ 10月20日~21日  「福島”砂”シンポジウムin棚倉」

 生涯学習課 

   〇 7月27日(金) 「プラネタリウムと夏の星空観察会」 

       〇 9月 9日(日) 太田省吾作(’52 岸田戯曲賞) 午後2時 倉美館

                児童劇 「はじめに見えたもの」(劇団エンゼル)

   ○ その他   芸術鑑賞教室(幼稚園の部、小学生の部、中学生の部)  など

小学校、中学校、そして幼稚園ではこんなことがありました!